【日焼け後のケア】シミやシワにしないための食べ物とスキンケア

更新日:

夏になると海やプールやアウトドアに行きたくなりますよね。
とても楽しいですが、美容にとっては日焼けという大敵に晒されることになります。

日焼け止めや日焼け対策をするのは当然ですが、それでも日焼けはしてしまいますよね。
日焼けは老化の大きな原因であり、シミやシワの大きな原因となってしまいます。
日焼けをした後にするべきケアを紹介します。

海やプールで日焼け

日焼け直後にやるべきこと

まずは、日焼けをした日に必ずやるべきケアです。
日焼けをした皮膚は炎症を起こしています。
軽い火傷を負っている状態のため、まずは炎症を収め健康なお肌へと戻す必要があります。

冷やす

 

「日焼け=ヤケド」を意識する必要があります。
日焼けをすると肌が赤くなり熱くなります。これはお肌が炎症を起こしている証拠です。

お肌の火照りがなくなるまで、冷たい濡れタオルやシャワーでしっかりと冷やしましょう。

 

充分な睡眠をとる

日焼けによってダメージを負ったお肌に睡眠はとても重要な要素です。

成長ホルモンの分泌

睡眠によって成長ホルモンが分泌されます。
若返りホルモンともいわれる成長ホルモンは細胞の分裂・再生に大きく関わってきます。
ダメージを負ったお肌を修復するために充分な睡眠は欠かせないのです。

成長ホルモンはお肌のターンオーバーの正常化にも関わってきますので、
お肌の老化やシミの予防にもなるので、普段から睡眠は十分にとっておきたいですね。

日焼け後は肉体的疲労が大きい

日焼けをすると、ダメージを負った肌の修復のために通常よりも体力を使います。
また、日焼けをする要因である海やプールなどのレジャーも通常の生活よりも疲れるはずです。
楽しくて気づかなくても体力がいつもより落ちている事が多いので、
意識して睡眠時間を増やしましょう。

免疫機能を落とさないために

日焼けによって、お肌のバリア機能も低下しています。
お肌のトラブルを起こす菌類などの侵入が普段より容易になっています。
寝ている間は副交感神経が活発になり免疫機能も高まります。

刺激を与えない

日焼け後の熱いシャワーはNG

前述の通り、日焼けをしたお肌はヤケドをした状態です。
刺激を与えるとより日焼けをした皮膚がヒリヒリするでけでなく、
さらにダメージを与えてしまします。

熱いシャワーや刺激の強いクリームを避け、いつも以上にお肌に優しくしてあげましょう。
余計な刺激が加わるとお肌のダメージが回復せずシミやシワの原因になります。

 

日焼けの後の肌を考えた食べ物は?

日焼けと食べ物って関係あるの?
という疑問がよく聞かれます。

しかし、日焼け前後の食事による栄養素やミネラルの接種によって、
お肌が受ける影響が大きく変わってくるのです。

ビタミンC

日焼け後というより、日焼け前に摂取することで大きな変化が出てくるのがビタミンCです。

紫外線を浴びると活性酸素が発生し、シミなどの老化の原因となります。
ビタミンCには抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑える役割をしてくれます。

そのため、日焼け前にビタミンCを摂取することが望ましいのです。
ビタミンCは体に蓄積出来ないので、さらなる日焼けの対策としても細めに摂取しておきましょう。

ビタミンCは熱に弱いので、
日焼けをする前日や朝にトマトやイチゴなどを生で食べられるフルーツや野菜を食べるようにしたいですね。

リコピン

リコピンはシミの原因となるメラニンを活発にするチロシナーゼを抑制する働きがあり、
日焼け後の対策や美白効果があります。

リコピンをこまめに取ることで肌へのダメージを減らすことが出来るため、1日だけ食べるよりは常に食べることによりリコピン本来の働きをします。
ビタミンCも多いミニトマトを食事に追加することで日焼けの対策にできますね。

 

日焼けで弱ったお肌に必要なスキンケア

 

老化の大きな原因は紫外線によるものです。日焼けによって、お肌は大きなダメージを受けています。
日焼けの後には、いつも以上にスキンケアが重要になってくるのです。

保湿

ダメージを負っている状態はお肌のバリア機能が壊れています。
お肌のバリア機能が低下すると、皮膚外から雑菌や病原菌が皮膚に入りやすくなると同時に、
皮膚からの水分が皮膚外へ出て行ってしまいます。

お肌が乾燥すると肌のバリア機能はさらに低下してしまいます。
こういった悪循環を避けるために、こまめな保湿ケアが必要になってきます。

保湿を怠り悪い状態が続けば、しわやたるみの原因にもなります。
また、ターンオーバーが乱れメラニンの排出が出来ずシミとなることもあります。

 

美白ケア

紫外線を受けると、皮膚を守るためにメラノサイトが活性化しメラニン色素を作り出します。
それによりシミができてしまいます。

スキンケア化粧品では、一度出来てしまったシミを消すには時間と手間がかかります。
そのため、シミを作らないケアをする必要があります。

美白化粧品にはメラノサイトがメラニン色素を作るのを抑制し、シミができるリスクを減らします。
一度出来てしまったシミは、次のシミを作らないようメラニン色素を抑制しつつ、
ターンオーバーによるメラニン色素の排出を待つしかなくなるのです。

そのため、日焼け直後にシミにならないように、しっかりと美白ケアをすることは重要なのです。

 

日焼けケアに適したスキンケア化粧品は?

前述のように日焼けケアで特に必要なのは保湿と美白ケアです。

しかし、日焼け肌に刺激は厳禁です。刺激の少ないスキンケア化粧品を選ぶ必要があります。
敏感肌でなくても敏感肌用の化粧品を選ぶようにしましょう。

また、ダメージを負ったお肌に何度も刺激を与えることは逆効果になります。
そのため、オールインワン化粧品が日焼け後のケアに有効です。

年齢別・用途別おすすめオールインワン化粧品

スキンケアはお風呂上りや洗顔後にするので、お肌は水分を含んだ状態です。
さらにダメージを負ったお肌に化粧水、美容液、乳液、クリームと、
何度も何度も塗りこむことで、お肌に大きな刺激を与えてしまいます。
日焼け後のケアとしてオールインワン化粧品は、お肌の負担を最小限に抑えてくれるのです。

オールインワン化粧品は、ただの手抜きケアという印象があり以前は敬遠する方も多かったようですが、
現在では敏感肌の方を中心に見直されているようです。

 

日焼け後のケアは大切ですが、一番大切なのは、日焼け前のケアです。
油断せずに日焼け止めクリーム等で日焼け前のケアを怠らないようにしましょう!

-スキンケア

Copyright© オールインワンゲル子ちゃん 口コミと比較ランキング , 2018 All Rights Reserved.